大塩行政書士法務事務所の行政書士つぶやき

大塩行政書士法務事務所が行政書士としてつぶやきます

日本全国対応)内容証明についてのレターメッセージ

大塩行政書士法務事務所は、格安内容証明を日本全国展開しています。

内容証明について、まだまだご存じでない方も居られます。それが一般的です。

しかし、この機会に、是非内容証明について、少しでもご理解いただければと思い、レター形式で説明致します。

大塩行政書士法務事務所の内容証明により、解決した事例が多く、お客様からの御礼の言葉をたくさんいただいています。

ちょっとだけ、長いお手紙(メッセージ)に付き合っていただけますか?

宜しくお願い致します。

 

大塩行政書士法務事務所

行政書士 大塩博史

 

内容証明はどんな物なの?

内容証明は、郵便局から発送します手紙です。

つまり、あなたも一度は出されたことのある手紙でOKです。

しかし、普通の手紙ではないのです。

あなたが手紙を出します際、封筒に文書を入れ、のり付けします。

郵便局員は、その封筒を開けて、中を見たりしませんね?

内容証明は、のり付けしない文書を郵便局に3部用意し、郵便局員からのチェックが入ります。

あなたの手紙が読まれる訳です。

内容証明は、文字数や、使用しても良い文字や記号等があり、その点をチェックされます。

チェックOKであれば、郵便局員内容証明OKを認めた特別なハンコが押されます。

あなたは、郵便局員の目の前で、準備してきました封筒に1通同封し、のり付けします。

それを手渡せば、内容証明発送の段取りとなります。

チェックには、大抵20分から30分程度かかります。(文書が多ければもっとかかります)。

 

内容証明を何故使うのか?

内容証明は、郵便局によりチェックされます手紙はご理解いただけましたか?

では、何故内容証明を使うのか?

内容証明は、確定日付のある証書です。その日にその文書が存在していたことを証明することができます。

また、受け取られた場合、相手側は読んでいなくても、読んだものとみなされます。「みなされる」とは、100パーセント読んだとの意味で、相手側はそんな文書を知らないとは言えなくなります。

また、内容証明を受け取りますと、相当の圧迫感があります。

脅迫文ではございませんが、大抵の皆様は驚かれることでしょう。

 

すぐに解決し難い問題でもまずは内容証明

このようなお話を、実際のお客様から聞いたことがあります。

会社が残業代を払ってもらえないため、労働基準監督署に行き、相談しました。

労働基準監督署から言われたセリフは「まずは、内容証明を送って下さい。その後の会社の対応次第で、会社に対し、注意を促します」と。

また、知人にお金を貸しましたが、戻ってきません。ある法律機関に相談しますと「まずは、内容証明を送って下さい」と。

内容証明は、催告したことが第三者にも認められます。

三者とは、赤の他人だと考えて下さい。

例えば、あなたがAさんにお金を貸しましたが、期日になっても戻ってきません。借用証もありません。

それを第三者のXさんに話し、相談しましても、Xさんは、あなたがAさんに、本当にお金を貸したのか分かりませんね?

内容証明を送り、催告します。

催告とは、アバウト「催促」のイメージでOKです。

催告することで、より一層、第三者にも認めてもらいやすいことになります。

まさか、内容証明で、虚偽の文書を送ることはございませんね?

そうすれば、あなたが逆に不利になってしまいます。

内容証明は、問題解決または問題解決のための第一歩となるのです。

 

内容証明の難しさ

内容証明なんて誰でも作れる。行政書士に依頼すること自体ナンセンス」

そのご意見よく分かります。

しかし、大きなミスがある可能性が高いです。

大きく2つの重要な点がございます。

まず、冷静に文書を書けますか?

怒り心頭の状態で内容証明を書きますと、確実に相手に対する怒り表現が出てしまいます。

それをご自身は気付いていません。

内容証明を受け取った側から、逆に脅迫で訴えられる可能性があります。

次に、ダラダラと書き、内容がよく分からない文書ができあがる可能性も高いです。

法律用語は入っていますか?

また、それに準ずる理由付けはできていますか?

内容証明は端的にまとめるものです。

内容証明は、簡単そうで、実は難しいのです。

 

まずは、お気軽にお問合せ(06-6585-9548)下さい。

消滅時効援用、借金返済催告、クーリングオフ、インターネットトラブル、近隣問題、退職代行サービス、慰謝料請求、団体の脱会等々、様々な分野で内容証明は有効です。まずは、お気軽にお問合せ(06-6585-9548)下さい。

インターネットからのお問合せは、下記サイトからお待ちしています。

kakuyasu-naiyosyomei.jimdo.com

一緒にお悩みを解決しませんか?