大塩行政書士法務事務所の行政書士つぶやき

大塩行政書士法務事務所が行政書士としてつぶやきます

日本全国対応)格安契約書)何故契約書が必要なのか?何故契約書の見直しが必要なのか?

契約書(契約書、借用書、示談書、誓約書等)が何故必要なのか?

 

分かりやすい例を挙げます。

 

あなたはAさんにお金を貸しました。

 

Aさんからは1週間後に返済(弁済)して頂く口約束です。

 

「口約束は契約ではないのか?」

 

立派な契約です。

 

例えば、ラーメン屋に行き、ラーメンと餃子を注文。

 

商品が届き、頂きました。

 

会計の際、お金を払いますよね。

 

注文した段階で、契約が発生しているのです。

 

話は戻り、1週間後にAさんから連絡もなく、お金も返してもらえない…

 

怒り心頭なあなたは、Aさんに電話しますと、「俺、あなたからお金借りたっけ?」との言葉。

 

怒りはピーク。

 

三者(赤の他人)に相談だ。

 

しかし…

 

「貸された証拠はありますか?」

 

三者は、あなたが貸した証拠がないと動けない可能性が高いのです。

 

あなたが嘘をついているのかも知れない…

 

悔しい…

 

最初に借用書(借用証)にサインしてもらうべきだった…

 

後悔は、漢字のごとく、後からやってきます。

 

契約書作りましょう!

 

また、今までの契約書は不利な内容が多いかも知れません。

 

契約書を見直しましょう(相手側の合意も必要です)。

 

大塩行政書士法務事務所は、日本全国対応、格安で行っております。

 

たくさんのご依頼を頂いています。

 

まずは、お気軽にお問合せ(06-6585-9548)下さい。

 

インターネットからのお問合せは、下記URLをクリックして下さい。

kakuyasukeiyakusyo.jimdofree.com